FC2ブログ
background movie
HOME ようこそ なんくるないさぁへ
なんくるないさぁ と つぶやいているわりには、カリカリしたり、テンション上がっちゃったり、落ち着きなかったり、、、そんな私を見かけたら、『なんくるないさぁ』とコメントお願いいたします。リンクフリー。 はじめましてコメント大歓迎!
プロフィール

たゆらぶ

Author:たゆらぶ
自分の心の声に耳を澄まし、なんくるないさぁ、と、、、でも真摯に生きていこうと思う今日この頃。
息子二人にパワーをもらって。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
1489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
151位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク リンク またきてねー
いい物あるかも! 最新記事 最新コメント 月別アーカイブ カテゴリ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

なんくるないさぁ   ~マブイの声を感じて~

2018年3月こころとことばの教室「よりみち」開設、通級指導教室講師、自身の心の軌跡と子育て経験を重ね合わせながらの日々です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチボールを教える  

   まるで めんこするみたいに

   悠は ボールを下に投げつけるので

   「それじゃあ とれないよー、、、 下じゃなくて前に投げてよー」

   と いつも 私は言っていた

   悠は

   「いいの!! ずっと こうやる!!」

   とかなんとか言っちゃって

   投球ホーム?? を変えようとしなかった。

  
   やれやれ これじゃあ なかなか キャッチボールにたどりつけないな 

   どうしたもんだろ、、、 と 思っていたんだけど、、、、


     『あっというまに さかあがりができたよ』という本に

   キャッチボールの 章があった


   昨夜、寝るときに、

   「ボールの投げ方が書いてある本をみつけたんだけどね、

    まずこうやって、で、こうするといいんだって、、、」

   と、書いてあった通りに解説してみた。

    「こううやって、、、 こう!! こうやって、こう!!」と

   何度か話した。



   すると、、、、

   今日、夕飯後に

   悠が、自分から「投げてみる!!」と言った!!!

  
   それから しばらく 悠と室内キャッチボール!!

   
   下じゃなく前に手を出せるようになって

   こっちにボールが飛んでくるようになりました!!!!!



   で、思ったこと。


   「それじゃあだめだよ、、、」と 言うのでなく

   「こうすると いいみたいだよ」」と 具体的な方法を伝える

   それも、さりげなく。

   
   否定するところから 始めるんでなく、

   前に進むための具体的な方法を伝えてあげることが 大事なんだ!


   ま、それでも 悠は なかなか 乗ってこないところがあって

   てこずるんだけど、、、、


   すこしずつ、すこしずつ、いろんなこと、挑戦してみようという気持ち、

   練習してみようという気持ちを 育てていけたらいいな と思う。



   悠とかかわることで

   いろいろ 勉強になっております。





  


   



関連記事
スポンサーサイト
THEME:男の子育児 | GENRE:育児 |

COMMENT

No title

確かにそれは、大人社会でもいえることですねー
否定せず、具体的に促すかあ。
いきなり否定じゃあ、やっぱりプライドも傷つけるよなあ。
勉強になる。
俺も悠くんとキャッチボールしたーい。
俺といい勝負かも~

なかなかできないんだけどねぇ

うんうん、、なかなか大人相手だと、そう器用にはできないんだけど。
プラスのストロークを出していけるといいな、と思ってまーす、私も。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。